ホイールをメッキからシルバースポークに変えてから・・



足元が何かもの足りない?σ(o´・Å・`o)??

 

思いついたのが、ホイールの隙間に赤の差し色が入ったらカッコイイかも・・

 

ということで、キャリパーカバーを取り付けることにしました!

 

 

購入したキャリパーカバーがこちら

↓↓↓

キャリパーカバー(L・M)



セレナの場合、みなさんM/Sサイズを取り付けていますが、インパクトを付けたいので私は一回り大きいサイズにしました!

 

他には・・

取付用のステーとボルト&ナットをホームセンターで購入。

キャリパー1個に対してステーが2本づつ計8本必要になります。

短いステーを8本購入するより、長いのを4本購入して切ったほうが値段が安いです!



アップで!

ステンステー482×20mm



六角ボルトM6×12(10本入)



六角ナットM6(10入)



 

まず最初に取付用部品の下準備をします。

購入したステーの真ん中にマジックで印を書きます。



 

私はルーターを使いステーを切断しました!(鉄ノコでも可能です。)

これで、ステーは8本になりました。



 

広告

 
 

まずは、フロントから作業を進めます!

最初に車をジャッキアップしてタイヤホイールを外します。



ブレーキキャリパーの裏側にキャリパーを止めているボルトが2箇所ありますので、ここにステーを固定させます。

キャリパーボルト(上部)



キャリパーボルト(下部)



注※このボルトを同時に2箇所外してしまうとキャリパーが落ちてしまうので、1箇所づつ作業しましょう!

 

ボルトがM8でしたので、ステーの端から2番目の穴を電動ドリルを使い大きくします。



ドリル刃 7.5m→8mm→8.5mmと変えて順に穴を広げます。


8本全てのステーを穴径8.5mmに加工。



 

広告

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GREATTOOL 鉄工用ドリル刃セット チタンコーティング GTTDS-19 19 本組
価格:1128円(税込、送料別) (2017/3/6時点)


次にブレーキキャリパーにキャリパーカバーを被せて干渉する部分をカットします。

ここでもルーターを使用!

黄色線の部分をカット



 

キャリパーカバーをマスキングテープで仮固定し、ステーをボルトで止めてからカバー側に折り曲げます。

ボルトで固定する穴位置とステーの余分な部分をマジックで印をつけます。

キャリパー(上側)



キャリパー(下側)



 

印がつけ終わったら、ステーを外し、余分な部分をカットします。

ステーは、キャリパーカバーの内側に入るため、画像↓↓↓の位置でカットしました。

キャリパー(上側)



キャリパー(下側)



 

次にキャリパーカバーに電動ドリルで穴をあけます。

穴径 6.5mm



 

カバーにステーを取り付けます。



 

そして、取付。

キャリパー上部



キャリパー下部



 

これで完了のはずでしたが・・

 

取付してから一週間。

気になることが!?

 

カバーの向きは正しいのか?



 

他サイトの取付例を参考にしてきましたが、カバーの向きが人によって違う!?

 

詳しく調べてみると・・

キャリパーカバーの向き

 

自分のカバーの向きが反対でした…Σ(ΩДΩ)ガビーン

 

一度キャリパーカバーを外し、上下向きを変えてキャリパーカバーにあけた穴とステー取付部分の位置を確認すると奇跡的にピッタリでした!ヽ(≧▽≦)ノ”ワーイ

 

 

つづく・・

キャリパー塗装でキャリパーカバーと一体化!

キャリパーカバーの取付 リア編★セレナ

 

 

 

 

 

 


スポンサード リンク
LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加