フロントのキャリパーカバー取付から2週間が経ちました。

やっとリアに取り掛かります!



 

 

早速、作業に取り掛かりましたが・・

リアのキャリパーボルトが固い・・



ここはソケットレンチが入らない為、メガネレンチを使用しました。

■広告■

 
今度は、ブレーキホースが邪魔でボルトが抜けません・・



そこで、ブレーキホースのボルトを緩めたら・・

ブレーキオイルがたちまち漏れてきました!?

 



すぐに締め直しましたが、絶対にこのボルトは緩めてはいけません!

 

しかも、フロントのボルトと違い…ボルトが太い!?

そこで、取付用ステーの穴をドリルで12mmぐらいまで広げました。

 

さらにキャリパー上部に取付けるのステーは、ブレーキホースが邪魔でボルトが抜けなかったので、緩めたボルトの横から差し込めるように穴の横もカットしました!



加工したステーを取付してキャリパーカバーを合わせてみると

また問題が・・

キャリパーに対してカバーが大きいせいか?ステーをかなり広げるように曲げないと固定できない!?

しかも…このまま固定してもカバーが浮いてしまい安定しない。



 

そこで、ステーを平行に取り付けるようにするため



 

キャリパーカバーを細工します!

必要になるのが全長240mm以上のステー2本(左右分)

 

私は、コスト削減で全長482mmのステーを1本購入して半分にカットしました。



 



 

■広告■

 
下写真↓のようにカットしたステーをキャリパーのRに合わせて少し曲げたら、ボルトで取付する穴を空ける為、印をつけます。



6.5mmの穴をドリルであけて



ボルトとナットで固定。



これで準備完了!(´・ω・`;)

 

 

車のキャリパーに仮取付したステーとキャリパーカバーの取付け位置を確認したら

キャリパー取付用のステーを車から外してボルトとナットで合体させます。



 

早速、キャリパーに取り付けしてみたのですが・・

今度は、キャリパーカバーがブレーキローターに当たっていました!?



干渉していた部分をルーターでカットし・・

再度取付け

 

今度は上手くいきました!(●*>凵<p喜q)*゜・。+゜



横から



 

このままだと…いかにもカバーという感じがしたので

後日、キャリパーを塗装します。

 

つづく・・

キャリパー塗装でキャリパーカバーと一体化!

 


スポンサード リンク
LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加