タイヤ&ホイールを装着する時にドレスアップやオフセットの調整などで、スペーサーを取付する人が多いと思います。

私も以前からスペーサーを取付けていましたが、スペーサーを取付けるとハブリングがハマらず…困っていました。



 

先にハブリングについて私なりに解説いたします!

まず「ハブ」とは・・

タイヤ&ホイールのセンター部分をはめるこの部分です↓↓↓



通常、日産車(セレナ)の場合ハブ径は、66mmです。

※ハブ径はメーカーによって異なります。

 

そして、ホイール側は・・



 

社外ホイールだとハブ径は73mmのものが多い為、車のハブ径とは異なる!?



 

これで何が起こるかというと…

社外ホイールを使用する場合、アルミホイールのセンター孔が純正ホイールよりも大きく形成されていることで、ハブのホイール嵌め合わせ用の突出部とホイールのセンター孔との間に大きな隙間が生じ、ホイールの位置決めが正確にできなくなり、振動発生の原因となります。

ホイール自体は、ハブボルトとナットで装着はできますが、ハブ部分は車体とホイールが噛み合っていない為、ホイールの僅かなセンターずれやハブボルトへの負担が大きくなり、ハブボルトがなめる原因のひとつです。

 

これを解消できるのが、ハブリングです!



 

車体のハブにこれをはめる事により、ハブ径を大きくする事ができます。

ハブ径 66mm → 73mm



 

■広告■

 
 

通常ハブリングをはめてしまうとスペーサーがセットできなくなります。

そのためハブリング付スペーサーという商品が発売されていますね。



しかしハブリング付スペーサーは価格が高い( ゜Д゜;)!?

 

 

ところが…調べてみたらこの協栄産業のハブリングは、同じく協栄産業のスペーサーと組み合わせる事ができます!



 

これで高価なハブリング付スペーサーを購入しなくて済みます。

 

■広告■

 
 

取付けるとこんな感じになり、ハブリングとスペーサーがピッタリはまっています!



 

これで社外ホイールのハブ穴(Φ73mm)に車体のハブがピッタリ合わさる為、タイヤ&ホイールのセンターずれの心配がなくなりました。

 

これで高速走行も安心です!v(-^∀^-)v

 

 


スポンサード リンク
LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加